有明海を守る会

アクセスカウンタ

zoom RSS お知らせ

<<   作成日時 : 2014/06/22 16:54   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

先日某テレビ局の夕方の情報番組で、アサリ貝が激減しているという話題を取り上げていましたね。原因として大雨やナルトビエイの問題を挙げられていましたが、こういう問題を取り上げる際なぜ「有機酸による酸処理」が出てこないのでしょうか? 番組では昭和50年台頃から減少していると言われていたようですが、それ以前は大雨はなかったのでしょうか?長い歴史の中で大雨が降った年もあったはずです。でもアサリは獲れていました。ナルトビエイは確かにアサリを食べるので駆除は必要です。しかしそれ以上に問題なのは有機酸による酸処理です。
有機酸の酸処理剤が海に悪影響を与えている事は、漁業に携わっている人にとっては周知の事実です。それなのにこのような問題をマスコミで取り上げる際、有機酸による酸処理は言葉すら出てきません。県にしろマスコミにしろ分っていて隠しているとしか思えません。この問題の解決なしに有明海の復活はありえません。
ここでお知らせです。佐賀大学名誉教授の林重徳先生の講演があります(下記)
興味がある方は是非会場に足を運んで視聴して頂きたいと思います。


  有明海問題の本質と再生への提案
 〜酸処理剤の影響が過小評価されたのは、何故か〜

日時:平成 26年 6月 25日  15:00 〜 16:30
場所:佐賀大学理工学部 6号館 1階 都市大講義室
入場料:無料

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お知らせ 有明海を守る会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる